家

インターホンを取り入れるなら優良な工事会社を探そう

目的を絞って

インターホン

信頼できる業者選びを

多くのマンションにはあらかじめインターホンがついています。賃貸でも分譲でもそれは変わりません。インターホンは設備機器の一つなので、マンションに埋め込んで設置されている場合は交換時に専門業者を呼ぶ必要があります。また、賃貸の場合は大家にあらかじめ了解をとらねばなりません。一方、電池式の場合やコンセント式の場合は比較的手軽に取り替えることが可能です。マンションのインターホンには大きく分けて三種類あります。シンプルな呼び出し機能付きのみのもの、カメラつきのもの、火事のアラームなどその他のセキュリティ機能が付いているものの三種類です。後者になるにつれ価格は高額になり機能は多様化していきます。インターホンを選ぶときはまずこれらのどの種類にするかを考えるのが重要です。多機能であればよいというわけでなく、すでに警報機が設置されているマンションならセキュリティ機能は不要なこともあります。多機能でも使いこなせなければ意味がないので家族でよく考えてから選びましょう。つけるときに業者が必要なタイプなら、業者選びにも注意が必要です。業者を選ぶときは、電気工事士の資格保持者がいるか、取り付けの実績は豊富か、信頼できる会社かをチェックしましょう。埋め込み式の場合は電気工事士の資格保持者でなければ工事ができないので、まずこの点をチェックする必要があります。また家の中に入って作業することになるので信頼できるかを見極めるのも大切です。